心の栄養

「心の栄養」  落ち込んでいるときの立ち直り方、七カ条

「心の栄養」というカテゴリーを追加しました。

時間さえあれば、やたらと本を読む私・・・。
心が元気になるよい言葉に出会っても、記録をしておかないと、どこで読んだか分からなくなってしまうので・・・。
悩んだ時、心がくじけそうな時、ふと取り出すために記録をしておこうと思います。

人間というのは弱いもので、ふと心がぶれたり、迷ったり、落ち込んだりするものです。
そして、人間というのは強いもので、ちょっとした心を動かす言葉だけでも、また元気を出して次の一歩を歩めるものです。

最近の変な事件や、無気力な若者を見ていると、絶対的に「想像力」が欠けているのではないかと思うのです。
人の痛みを思いやる想像力、自分をむやみに同情しないための想像力。
芸術とか文学は、豊かな時代の贅沢なものと考える人もいますが、これからの難しい時代を乗り越えるために必要なのは、本当の意味の強さであり、想像力だと思うのです。。

・・・・な~んて、最近、あれこれと考えている私です・・・。confident
あっ、落ち込んでいるわけではないので、ご心配なくね~happy01 clover

フェリシテ先生のように、星空を何時間も見上げるのも良いのだろうと思いながら、やはり寒いのは遠慮している私です・・・。coldsweats01sweat01

重松清さんの『雨上がり』より

高校時代の古文の先生の教えだ。落ち込んでいるときの立ち直り方、七カ条。
一つ、部屋を掃除せよ。
一つ、顔を洗え。
一つ、猫を見よ。
一つ、甘いものをちょっとだけ食べよ。
一つ、洗いたてのシーツで眠れ。
一つ、待て。
一つ、自分を信じよ。

|